ファンファーレと熱狂

今日ふれた音楽、記事、映画、本の備忘録

インタビュー

2ヶ月前に公開された、私企画のインタビューがアジカンのゴッチに紹介されるという嬉しい偶然が起こった。ライブハウスをめぐる議論の中でたまたま挙げられたらしく、ありがたいことだと思う。スピンコースターのこんな長い記事を読むゴッチは本当に信頼における人だなと改めて。

http://gotch.info/post/160587856507/liveh

gotch.info

それはそれとして、最近こうした裏方を対象にしたインタビューが本当に増えていると思う。もちろん、音楽をめぐる環境がかなり変わってきているからインタビューすべきことが多いということもあるのだろう。それでも、音楽のシステム的な部分なんかはMusic-mannetが細々とおじさん向けに記事を載せてる程度だった記憶があるからこの流れは驚きだ、面白い。

最近は特にCINRAやWIREDといったイケてるメディアが、音楽ビジネス特集を組んでマネジメントやクラウドファンディングについてのインタビューを次々あげていっている。

wired.jp

www.cinra.net

"ギョーカイ列伝"(ださっ)のSuchmosマネジメントのノウハウにしろ、"TheFuture Music Makers"のレコード制作現場の現状にしろ、読まないと知ることができないもので、知ることで円滑に進む部分があると自分は思っているから、こういった記事が増えているのはいい流れだ。例えば、レコードって海外で頼んだ方が安いんだ、と知れればレコードプレスしてるレコ屋や音源をレコードで売りたいアマチュアの人の選択肢は増えて入るお金も増える、なんてことが起こるかもしれない。

いろいろなことが交わりあって高めていけるような世界になれればいいよね。